俱知安町の宿泊税収が倍増 23年度は過去最高4億円超えに

ニセコ不動産投資ニュース

~ニセコのリゾートライフの楽しみ方とおすすめの投資情報を現地からお届けしています~

宿泊税の検討の経緯 | 宿泊税 | 町政情報 | 倶知安町 (town.kutchan.hokkaido.jp)

道内で唯一、法定外目的税「宿泊税」を課税する後志管内俱知安町は、2023年度の税収が過去最高となる4億円強に達するとの見通しを明らかにした。前年度の2億4300万円からほぼ倍増する。新型コロナウイルス禍明けでニセコ地域に客足が戻ったことに加え、ホテルやコンドミニアムなどが宿泊料を値上げし、一律2%を課税する「定率制」も税収アップに寄与した。

ニセコ不動産会社CEOの視点

北海道の宿泊税制度:定率制と定額制のメリットとデメリット

同じニセコエリアでも倶知安町は「定率制」ニセコ町は「定額制」それにより税収に大きな差が生じます。その税収の差は、観光地としての差になって現れるのか?

北海道における宿泊税制度は、観光産業の発展と地域経済の活性化を目指して導入されました。この税制度には、定率制と定額制という2つの方式があります。それぞれの方式には独自のメリットとデメリットがあります。

定率制のメリット

  1. 収益の安定性: 定率制では、宿泊料金に対して一定の割合の税率が課されます。この方式では宿泊施設の価格に応じて税収が変動しません。したがって、観光シーズンの変動や需要の変化に影響されず、税収が安定します。

  2. 適正な負担分担: 料金が高い宿泊施設ほど多くの税金を負担するため、富裕層や高級宿泊施設からの収益が増加します。これにより、収益の再分配が促進され、社会的公平性が向上します。

定率制のデメリット

  1. 低価格施設への影響: 定率制では、宿泊料金に対して一定の割合の税率が適用されるため、低価格の宿泊施設にとって負担が大きくなる可能性があります。これが消費者の選択に影響を与え、需要が低下する可能性があります。

  2. 需要への影響: 高い税率が適用されることで、一部の消費者は宿泊を避ける可能性があります。これにより、観光産業全体の需要が減少し、地域経済に悪影響を及ぼす可能性があります。

定額制のメリット

  1. 予測可能な税収: 定額制では、一定の金額が宿泊料金に追加されるため、税収の予測が容易です。これにより、地方自治体は予算の計画や投資の決定をより効果的に行うことができます。

  2. 低価格施設の競争力の向上: 定額制では、宿泊料金に対する税金が一律であるため、低価格の宿泊施設にとっても負担が軽減されます。これにより、低価格施設の競争力が向上し、消費者の選択肢が増えます。

定額制のデメリット

  1. 高価格施設の優遇: 定額制では、宿泊料金に一定の金額が追加されるため、高価格の宿泊施設にとっては比較的軽微な負担となります。これが高価格施設の需要を促進し、市場の偏りを引き起こす可能性があります。

  2. 負担の公平性の欠如: 一律の金額が適用されるため、個々の消費者の経済的状況や利用条件に関わらず同じ税金が課されます。これにより、所得格差のある地域社会において公平性の問題が生じる可能性があります。

北海道の宿泊税制度は、地域経済の活性化と観光業の持続可能な成長を目指して構築されています。定率制と定額制の両方にはそれぞれの利点と欠点があり、地域のニーズや経済状況に応じて最適な方式を選択することが重要です。

宿泊税の検討の経緯 | 宿泊税 | 町政情報 | 倶知安町 (town.kutchan.hokkaido.jp)

関連記事