道内公示地価 8年連続で上昇 住宅地上昇率は富良野が全国1位

ニセコ不動産投資ニュース

~ニセコのリゾートライフの楽しみ方とおすすめの投資情報を現地からお届けしています~

 

国土交通省は26日、今年1月1日時点の公示地価を発表した。道内の商業・住宅・工業の全用途平均はプラス4.6%で、8年連続で上昇した。変動率は前年の6.8%に次ぎ、2000年以降で2番目に高い水準だった。住宅地の上昇率は、外国人向けのリゾート開発が進む富良野市北の峰町がプラス27.9%で全国1位だった。

ニセコ不動産会社CEOの視点

近年、ニセコでよく聞く言葉で「オーバーツーリズム」がある。適切な観光規制がされないまま、開発が進み宿泊施設が必要以上に増える。開発業者としては、「宿泊需要に部屋数が足りていない」という理由で建物を建てる。当然、スキー場は混み、パウダーは昼前になくなってしまう。1月、2月のシーズンには世界中から観光客が訪れる。短期の間に人が一気に押し寄せるから人材も足りなくなる。「ニセコの飲食費は海外より安い」それにより地元の人にとって高過ぎる価格の、サービスの質の悪いレストランでも予約がとれなくなる。

1月、2月が終われば観光客は去っていく。町は閑散とし、人は解雇される。高い価格のレストランは地元の人に利用されず、店を閉めることになる。温泉の値段も上がり、食べ物の値段やレストランも上がる。一体、誰のための町づくりなんだろう?そんな疑問を持つニセコローカルも多い。

そういった「商業的」なニセコではなく、地元の人々と交流しながら「ローカルプライス」で楽しめる富良野に注目があつまるのは必然であろう。土地もニセコに比べれば安い。名峰大雪山のおひざ元の富良野。サラサラした質感の「盆地パウダー」を売りにますますプロモーションを高めていくだろう。また、富良野はラベンダーもあり「北海道らしい風景」がそこにある。ニセコの弱みでもある通年リゾートが、富良野では可能。

北海道には素晴らしい山がたくさんある。商業的なニセコ。北海道らしい富良野。それぞれに魅力がある。この素晴らしいパウダーという自然の恵みは、どこでも活かすことができる。様々な形態で北海道の魅力を海外に発信し、この美しい島が自然と調和しながら発展していくことを願う。

標準地・基準地検索システム~国土交通省地価公示・都道府県地価調査~ <検索地域選択(都道府県)> (mlit.go.jp)

関連記事